外壁シーリング

クラックの補修につづき、目地や窓回りのシーリング作業を行います。

高圧洗浄では取り除けなかった、旧塗膜不具合の気泡跡を除去しています。

そのままシーリングや塗装してしまうと剥離の原因となってしまいますので

丁寧に除去していきます。

プライマーを塗布して

オートンイクシードを充填していきます。

刷毛やヘラを用いて均し、仕上げて行きます。

外壁塗装前の下準備が出来ました。

シーリングの乾燥のため養生期間をとらせて頂きます。